【フィカス ウンベラータ】観葉植物といえばコレ!というほど人気者だけど・・・枯らしてしまう人も多い”フィカス ウンベラータ”の育て方

Dona FLOWER&CAFE で取り扱うウンベラータは、幹の曲がりの美しいもの、個性的なものをセレクトしておりますので、見ていて飽きない楽しい観葉植物だと思います。

当記事では、ウンベラータの歴史から育て方までご紹介します。

目次

フィカス ウンベラータってどんな植物?

フィカス ウンベラータ (Schefflera arboricola)通称ウンベラータは、マダガスカル原産の観葉植物であり、インテリアや周辺の環境に緑の癒しを与えてくれます。歴史や生来に加えて、名前の由来、学術上の分類、人気度合い、豆知識、性質などの詳細を見てみましょう。

歴史、生来:

ウンベラータ 曲げはマダガスカル原産の常緑植物で、観葉植物として人気を博しています。

名前の由来:

この植物の名前は18世紀のドイツの植物学者Jacob Christian Schefflerに由来しています。

学術上の分類:

紅葉植物門(Angiosperms)

双子葉植物綱(Eudicots)

キンポウゲ目(Apiales)

アラリア科(Araliaceae)

ウンベラータ属(Schefflera)

海外や日本での人気度合い

ウンベラータ 曲げは海外でも日本でも非常に人気があり、観葉植物として広く愛されています。インテリアに緑を取り入れ、癒しの空間を演出するのに最適です。

豆知識:

この植物は、独特な葉の形状や美しい緑色で知られています。また、一部の品種では葉の模様や色調が異なるものもあります。

性質:

ウンベラータは、茎が分岐し、小さな緑色の光沢のある葉を多数持つ低木です。葉は特徴的な傘状の配置をしています。

色の種類:

通常、ウンベラータの葉は緑色ですが、一部の品種では葉の模様や色調が異なるものもあります。

香りの種類:

ウンベラータには特に香りはありません。

実が成るかどうか:

一般的には、この植物は観賞用として栽培されるため、実をつけることはあまりありません。

フィカス ウンベラータの育て方

Dona FLOWER&CAFE のウンベラータ。曲線が美しく、樹高は2mほど。リビングスペースに最適です。

水やりの方法

高温多湿に強い植物です。適切に水や肥料を与えると樹高が高くなります。季節によって水の量を調節しましょう。毎日こまめに霧吹き等で葉水を行うと、チリや埃も落としますし、害虫を予防します。

冬:土の表面が乾いたら適度に水を与えます。特に寒い時期は2週間に1度くらいで大丈夫です。過度な水やりは根腐れの原因になりますので注意が必要です。

夏:涼しい時間帯に、下から流れ出るまでたくさん水を与えましょう。暑い時間帯に水やりをする場合は、水温が上がりすぎないように、直射日光に気をつけましょう。根を痛めてしまう可能性があります。

適する温度

室内での栽培では、15〜26度程度の温度が適しています。

屋内・屋外で適する場所:

明るい場所を好みますが、直射日光は避けましょう。屋内で育てる場合、明るいスポットが最適です。

メンテナンスの方法

定期的な剪定を行い、健康な成長を促進します。

枯れてしまった時の対処方法

枯れてしまった部分は切り取り、適切なケアを行います。

弱った部分を切り取ることで、養分が元気な場所に十分に行き渡り、また元気を取り戻します。

注意すべき病気や害虫

蚊、ハダニ、カイガラムシなどの害虫に注意が必要ですが、定期的な観察と適切なケアで対処可能です。

霧吹き等で毎日、葉水を行うと害虫予防にもなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる
PAGE TOP