【マドカズラ】の育て方。気軽に飾れて、なんとも可愛い葉っぱの観葉植物。

Dona FLOWER&CAFE で取り扱うマドカズラは、生き生きとしたもの、個性的なものをセレクトしております。当記事では、マドカズラの歴史から育て方までご紹介します。

目次

マドカズラってどんな植物?

「マドカズラ」は、熱帯地域を原産とする、つる性の観葉植物で、その特徴的な葉と繁茂する姿で人気があります。以下にその詳細な情報を記載します:

歴史、生来: 

マドカズラ(学名: Monstera deliciosa)は、メキシコからパナマにかけての熱帯地域原産のつる性植物です。多くの地域で観賞用として育てられています。名前の由来:である“Monstera”モンステラは、誰でも一度は聞いたことのある観賞植物の名前だと思いますが、「奇怪な」という意味で、葉の特徴的な形状に由来します。“Deliciosa”は「美味しい」という意味で、この植物が成熟した果実をつけることに由来します

学術上の分類: 

マドカズラは、シダ植物を含むアカンサス科(Araceae)に属しています。

海外や日本での人気度合い: 

マドカズラは、インテリアとして人気があります。その特徴的な葉の穴や姿がインテリアデザインに活用されています。

豆知識: 

葉が大きく特徴的で、成長するにつれて切れ目が入ったような模様を形成します。また、成熟すると食用の果実をつけることがあります。

性質: 

耐陰性がありますが、明るい光を好みます。成長が速く、湿気を好みます。

色の種類:

 葉は鮮やかな緑色をしており、成長段階に応じて特有の穴や裂け目が入ります。

香りの種類:

 特有の香りを持つことはありませんが、成熟した果実は食用で、独特の香りを放ちます。

実が成るかどうか: 

成熟すると食用の果実をつけることがありますが、育て方や環境によっては実が成らないこともあります。

マドカズラの育て方

水やりの方法: 

耐湿性がありますが、過湿を避けるために土が乾いたら適度に水を与えると良いでしょう。

適する温度:

18°Cから25°C程度の温度が最適です。低温に弱いため、霜や寒さには弱いので気をつけましょう。

屋内・屋外で適する場所: 室内での栽培が一般的です。明るい場所を好みますが、直射日光は避けましょう。

メンテナンスの方法: 

古い葉や傷んだ葉を定期的に除去し、支柱などでつるを支えると良いでしょう。

枯れた時の対処方法: 

枯れた部分を適切に切り取り、適切なケアを行うことで回復させることができます。

注意すべき害虫: 

アブラムシやハダニ、ワタツツジガの被害が見られることがあります。

寿命: 

適切なケアを施すことで長寿命に育てることができ、数十年間生存することがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる
PAGE TOP